なりたい自分になるためには騙せ!?大きな声で話すと手に入るものは・・・?

なりたい自分になる近道

なりたい自分になる近道に、自分をだますと言う方法があります。例えばですが、みなさん声が大きい人はどんな人だと思いますか?

声の大きさで測れる心理-声が大きい人ってどんな人?

とても声が大きい人がいらっしゃるとします。聴覚の障害を持たれる方は当てはまらないかもしれませんが、大きな声でハキハキ話す方いらっしゃいますよね。

声と言うのは非常に繊細で、心理を明確に投影することも多いです。

大きな声で話す人は自信にあふれているように見えますが、その通り。

月夜

 アメリカのデイトン大学でチャールズ・キンブル氏が行った実験によりますと、

(男性50人 女性51人 計101人)

人は自信がある時には、平均61.84デシベルの声で話すのに対し、自信がない時には58.47デシベルで話していたそうです。

大きな声で話す人は自信がある。と言うことは統計データーで証明されています。

と言うことは・・・?

自分が自信がないことを話さなければならない時、あると思います。

そんな時には意識して、声を大きくハキハキと話すことで自分に自信を持たせることができます。

 

人と言うのは不思議なもので、行動をとることで自分をだますことができます。

 

自信がない時には大きな声を意識して話すと、自信を持っていると自分をだますことができます。

小声で話していると、どんどん委縮してしまうのです。

 

自分をだましていくことで、自信が本物になり本物の自信は周囲を説得する力になります。

無意識を意識的に変えていくことで心も変わっていく。心って不思議なものですよね。

 

PR:行動心理にご興味があるならおすすめの本

植木理恵の人間関係がすっきりする行動心理学 [ 植木理恵 ]

読みやすいのでお勧めです♡

最新情報をチェックしよう!